VMVハイポアレルジェニクスのオンラインショップへ

敏感肌・赤ちゃんにおすすめのココナッツオイルのスキンケアVMVハイポアレルジェニクス

2016-10-20

赤ちゃんの保湿や体調チェックに!ベビーマッサージ始めませんか?

マッサージといえば、肩こりや腰痛、美容方法やアロマでのリラックスなどが一般的ですが、
ベビーマッサージは、ママと赤ちゃんのスキンシップの方法のひとつ。
赤ちゃんの肌は柔らかいので、大人のマッサージとは違いベビーマッサージは肌をやさしくなでてあげます。手で優しくマッサージして、肌が触れあい体温のあたたかさを感じることにより、安心感やリラックス効果が得られると言われています。
ベビーマッサージは、生後2〜3ヶ月くらいから始めるのがおすすめです。
入浴後の体があたたまった状態で行うと良いでしょう。
また、お部屋が寒いと赤ちゃんの体が冷えてしまうので、室温を25度くらいに設定します。

ベビーマッサージを避けたほうがよい時
・赤ちゃんの体調がすぐれない時
・予防接種をした日


マッサージオイルと綿のタオルを用意して、綿のタオルを引いた上でマッサージします。
静かな空間で行うと、赤ちゃんも安心してリラックスできます。
また、マッサージ前はママも手を洗い、清潔な手で。ママの手が冷たいと赤ちゃんがびっくりしてしまうので、まずマッサージオイルをママの手に馴染ませるようにじっくり温めてから、赤ちゃんにマッサージするとよいでしょう。
 
ベビーマッサージ
タオルの上に赤ちゃんを寝かせて赤ちゃんに「マッサージ始めるよ〜。」と話しかけながらマッサージを始めます。
①足からマッサージ
足を片方ずつ、ふとももから足先に向かって絞るように、でも力は入れずやさしく撫で下ろします。
足の裏を手で包み込むようにやさしくほぐすようにマッサージ。
②お腹をマッサージ
手のひらをお腹に当ててやさしくゆっくり、時計回りにくるくると撫でます。
次に脇からお腹の中心に向かって左右交互に大きくくるくると撫でます。
③腕のマッサージ
腕の付け根から腕先に向かって、やさしく撫でます。手も指の付け根から指先に向かって、くるくる回すようにマッサージ。
④背中とおしりのマッサージ
赤ちゃんをうつ伏せにして、両手で肩からおしりに向かってやさしく撫でます。お尻もくるくると円を描くようにマッサージ。
⑤マッサージ終了、水分補給しましょう
マッサージが終わったら「マッサージ終わったよ〜。」と赤ちゃんに声をかけてあげましょう。
マッサージで新陳代謝が上がった赤ちゃんは喉が渇いているので、おっぱいやミルク、白湯などを挙げて水分補給してあげてください。

ベビーマッサージの良いところは、コミュニケーションが取れるだけでなく、赤ちゃんをじっくり観察できるところ。
こうでなければいけない!ということはないので、赤ちゃんの体調やご機嫌にあわせてやってみましょう。



ベビーマッサージにオススメ!DO-IT-OIL(ドゥーイットオイル)
VMVのDO-IT-OIL(ドゥーイットオイル)は、ココナッツオイルに、抗菌作用や保湿作用をプラスした赤ちゃんから大人まで、全身にお使いいただける保湿ケアオイル。ココナッツオイルは粒子が細かいのでべたつかず、さらっとした使用感でお肌にスーッとなじみます。
ココナッツ由来のモノラウリンという成分が、お肌を優しく保護。乾燥肌、敏感肌、アトピーなどでお悩みの方にも安心。健やかでソフトなお肌を保ちます。
ブランドサイト:ママ&ベビー商品紹介ページへ
http://www.vmvhypoallergenics.jp/product/mama.php
 

ママ&ベビーの最新記事