VMVハイポアレルジェニクスのオンラインショップへ

敏感肌・赤ちゃんにおすすめのココナッツオイルのスキンケアVMVハイポアレルジェニクス

VMV商品開発ストーリー

VMV 製品は、敏感肌やアレルギーでお悩みの方におすすめの高品質100%ピュアバージンココナッツオイルをベースに作られています。
ここでは、VMV がどのように始まったかをご紹介します。

VMV開発ストーリー ~VMVのはじまり~

VMV は創始者であるDr. Vermen M Verallo Rowell(ヴェルマン M ヴェラロ ロウエル) のイニシャルからその名が付けられました。

Dr.ヴェラロの経歴はなかなか他にないものです。VMV のココナッツ園があるレイテ州セブ島出身、14歳で高校を卒業したのちメディカルスクールに進学し21 歳で卒業。アメリカからフィリピンに戻ってきた時には、既に名高い医学ジャーナル等で発表を行う著名な研究家になっていました(当時、米国クリーブランドクリニック在籍2 年目)。今ではDr.ヴェラロは100 以上の研究発表に名を連ねる皮膚科医・皮膚病理学者になったのです。

皮膚科医としての研究や診療の中で、化粧品に反応( 赤みやニキビ、色素沈着など) を示す患者が増えていることを彼女は感じ始めました。1970 年代の当時、化粧品に関する研究は、ほとんどされていなく来院する患者に勧められるような化粧品も少ないものでした。
クリーブランドクリニックや他のフェローシップでパッチテストの使用とその重要性を熟知していたDr.ヴェラロは、接触反応を研究しながら実際に患者の肌に合う化粧品の配合実験を行っていました。
この時期、Dr.ヴェラロは後に夫となるメリーランド州出身のシリアルアントレプレナー(起業家)と出会います。彼は当時香港在住で、国外滞在でマニラに来ていたのでした。彼はその人生の大部分をニキビやその他多くのアレルギーに悩まされており、患者としてDr.ヴェラロのクリニックを訪れたのです。過敏症であばただらけになっていましたが、彼女の指導を受けて美しい肌を手に入れました。
結婚後、彼は、Dr.ヴェラロの化粧品(調合剤)、特にレチノイン酸とクリンダマイシンを配合して、特許を取ったSuperSkin を売り出さないかと説得します。Dr.ヴェラロは、商品としての売り込みを好まず最初難色を示しましたが、自らをブランドの公的な顔ではなく、商品開発の担当をすることで了承しました。それは、VMV というブランドがDr.ヴェラロの研究にのみ依らなくなるということにもなり、これによりDr.ヴェラロは“研究・開発” 夫は“ブランド” を担当することとなったのです。

VMV の代表的な商品である「グランマミニー<Grandma Minnie Mom & Baby>」は、Dr.ヴェラロの娘であるLauraが初めての子供を妊娠した時に遡ります。妊娠がわかり、赤ちゃん用のスキンケア商品に香料不使用のものが一切ないことに気づきます。家系的にこの子も敏感肌である可能性が非常に高いと思い、母であるDr. ヴェラロに相談しました。
Dr. ヴェラロはココナッツオイルとモノラウリンという、VMV のほとんどすべての製品に配合されることになる二つの素晴らしい原料の臨床研究に打ち込んでいたところで「ココナッツオイルは乳児期の離乳食に使用されたり、モノラウリンはまさに母乳に含まれているので、赤ちゃんのケアに適しているのでは?」と考えたのでした。
夫の祖母であるGrandma Minnie(ミニ―) が、1900 年代に友人や家族のためにコールドクリームを作ってあげていたこともあり、その想いを受け継ぐように、76 のアレルゲンの全てを除去する臨床研究を実施し、アトピー肌の子供にも優しい製品である製品ラインシリーズ「グランマミニー<Grandma Minnie Mom & Baby>」が誕生しました。

●VMV 創始者Dr. Verallo の娘であるLaura のブログより要約
http://inskin.vmvhypoallergenics.com/the-vmv-family-story/

VMVグランマミニーズシリーズ|Boo-BooBALM

グランマミニーズシリーズ
「ブーブーバーム」

VMV創設者Dr.ヴェラロの夫の祖母ミニ―

Dr.ヴェラロの夫の祖母、ミニーの写真

VMV創設者Dr.ヴェラロについての説明