VMVハイポアレルジェニクスのオンラインショップへ

敏感肌・赤ちゃんにおすすめのココナッツオイルのスキンケアVMVハイポアレルジェニクス

2017-08-30

低アレルギーの化粧品って必要? 

最近お肌トラブルに悩まれていて化粧品をいろいろ試している方はたくさんいらっしゃいますが、
実はこの「敏感肌」の増加傾向は日本だけでは無いんです。
近年の研究では世界的に敏感肌の人が増えていると言われています。

例えば2009年でアメリカで実施された研究では、約22%(約5人に1人)が化粧品の何らかの成分に
反応を示すと報告されています[2]。ドイツ、香港、インド、イギリス、アメリカ等を含む10カ国での
研究を見ると、1979年から2004年にかけて化粧品成分に反応する人の割合は5.4%から26%と
増加傾向にある報告されています。[3]

これらの研究は「香料」のみを対象とした研究なので、他のアレルギー成分を考慮すると、
この割合はもっと高いと推測できます。
また1997年の研究[4]では、44%の子供がホルムアルデヒドやパラベンを含む特定の保存料、
また美容に良いとされる抗酸化成分にまで反応を示すと報告されていますし、2001年から
2004年に実施されたパッチテストの比較実験では、子供は51.2%、大人で54.1%が肌に反応する
アレルゲンを最低1つは持っていると言われています。[5]

ここからみても、世界的にみても敏感肌で悩まれている方は年々増えているんです。
しかも、反応が軽いと、ちょっとお肌の調子が悪いぐらいにしか最初は思わないですよね。
皮膚科で診察して初めて 「アレルギーですよ」と言われることの方が多いはず。
また患者や医師ですら使用していた化粧品の含有成分がアレルギーの原因であったことを
気付かない場合もあり、こうした状況も考えると、アレルギーもっている方の割合は潜在的には
もっといると考えられます。[6]

お肌はもともと自己修復機能を持っています。過剰なケアはこの生体機能を弱める場合もあり、
実は必要最低限のケアこそ美肌ケアのポイントなんです。
 
「必要な成分だけ補い、不必要な成分はお肌に入れない」
 
VMVの化粧品は海外で認定される化粧品アレルゲンを可能な限り除いたアレルゲンフリー化粧品です。

本当に必要な成分だけを使用したシンプルな配合で、年齢や性別を問わずにご使用いただけます。
HP: /http://www.vmvhypoallergenics.jp/

参照:http://skintelligencenter.vmvhypoallergenics.com/c39-skin-health/hypoallergenicwhatisitreally/

1: Verallo-Rowell VM. The validated hypoallergenic cosmetics rating system: its 30-year evolution and effect on the prevalence of cosmetic reactions. Dermatitis 2011 Apr; 22(2):80-97.

2: Warshaw, E et al. Allergic patch test reactions associated with cosmetics: Retrospective analysis of cross-sectional data from the North American Contact Dermatitis Group, 2001-2004. J AmAcadDermatol 2009;60:23-38.

3: Scheinman PL. The foul side of fragrance-free products: what every clinician should know about managing patients with fragrance allergy. J Am Acad Dermatol. 1999 Dec;41(6):1020-4.

4: Conti A et al. Contact sensitization to preservatives in children. Contact Dermatitis 1997: 37: 35-36.

5: Zug K et al. Contact Allergy in Children Referred for Patch Testing: North American Contact Dermatitis Group Data, 2001-2004. Arch Dermatol., 2008;144(10):1329-1336.

6. Adams RJ, Maibach HI. A five year study of cosmetic reactions. J Am Acad Dermatol 1985;13:1062-9.

メディカルトピックスの最新記事