VMVハイポアレルジェニクスのオンラインショップへ

敏感肌・赤ちゃんにおすすめのココナッツオイルのスキンケアVMVハイポアレルジェニクス

2017-04-04

白雪肌を手にいれる!! 〜そうだったのか!大事なポイント〜

一説によると、一生紫外線を浴びずに過ごしたら、白く美しい白雪姫のような美肌で居られるとのこと‥‥。
ですが、お日様を浴びずに過ごすなんて現実的に絶対に無理!!
 
それはそれで不健康そうだし、
ぽかぽかと暖かな日差しはカラダも心も気持ちが良いもの!!
 
 
 
そうなのです。
いくら白雪肌を手に入れたいからと言って、お日様の光を浴びずに過ごすなんて不可能。
やはり『日焼け対策』を入念に行うのが白雪肌への得策です。
 
そこで今回は「日焼け対策」にフォーカスして、お肌に良いことを見ていきましょう。


< 吸収しちゃうか? 反射させるか?? >
 
日焼け止めには「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」と言ったものが大概配合されています。
 
紫外線を「吸収」だなんて、なんだかそれだけでもお肌に悪そうですが、「紫外線吸収剤」は、お肌の上で紫外線を「吸収」し、紫外線をシャットアウトしてくれます。言ってみればとても頼もしいバリア層で、この成分は効果が高いため、店頭で売られる日焼け止めの大半に配合されています。
 
ですが、紫外線のエネルギーを「吸収」するには化学変化を起こす必要があり、どうしても成分に「化学物質」が配合されます。
 
 
 
一方「紫外線散乱剤」は、読んで字のごとく紫外線を「反射」させて跳ね返すタイプです。
 
吸収剤と異なり、化学薬品を使わずに済むのでパッケージには「ノンケミカル」と表示されていることが多くあります。
 
そこまで聞くと跳ね返す「散乱剤」の方が良さそう!と思うでしょうが、残念ながら散乱剤だと白浮きしやすかったり、テクスチャーが悪かったりと、使用感がイマイチのことが多いようです。
 
なので、大概「吸収剤」と「散乱剤」の両方を配合していたり、「散乱剤」の使用感を改良してメーカーは開発を進めています。
 


< 塗ればOK? 日焼け対策 >
 
日焼け止めを選ぶポイントって何ですか?
皆様、様々な視点で製品を選ばれると思います。
 
お肌へ安全か?はとても気になるのですが、日焼け止めとなるとどうしても「効果」や「強さ」を求めて選びがちではありませんか?
 
 
 
そうなのです。
そこで大事になってくるのが‥‥


低刺激と言われる「散乱剤」でもお肌に合わない人はいますし、「吸収剤」でなんともない方がいます。加えて気をつけなければならないのは、お肌へ影響を与えるものは紫外線対策の成分だけではなく、乳化剤や酸化防止剤、香料や容器など、他にも沢山あるということです。
 
基本的に日焼け止めは、効果の持続時間が長かったり、ウォータープルーフであったりと、肌への密着効果の高いものがほとんどです。
つまり、その日1日吸収したものを綺麗に落としてリセットしなければ、お肌は窒息寸前の状態!!
 
あなたの大事なお肌を守ってくれたバリア層、1日頑張ったあなたと合わせて「お疲れ様」と綺麗に落としてあげましょう。
 


< 白雪肌の基本 まずはしっかり「落とす」べし! >
 
クレンジングで美肌を手に入れられるって知ってましたか?
 
メイクや余計なものが残っていると、お肌に悪影響なのはもちろん、色素沈着の原因にもなります。お肌を綺麗にすることでニキビも防ぎますし、くすみの原因ともなるターンオーバーも促します。
 
とはいえ、落としすぎは禁物。皮脂の落としすぎは乾燥につながり、それはそれでお肌に悪影響を及ぼします。
 
つまりそれくらい「落とす」作業はサジ加減が大事。汚れは落としたいけれど、皮脂の落としすぎはNGです。勿論刺激が少なく、お肌に優しい、せっかく1日のお疲れ肌を癒すのですからお肌が喜ぶ製品を選びたいですよね!
 


「しっかり落とすけど肌には優しい」
 
そんなクレンジングがVMVにはあります。
ぜひ一度あなたのお肌で試されてみてください!
VMVの洗顔・クレンジングはこちら
http://www.vmvhypoallergenics.jp/product/facial.php

メディカルトピックスの最新記事